夢のみずうみ村小話の録画に精を出す

下書きでしていたものを、公開します。せっかく書いた文字たちが泣いていますので。

 SNSがらみで、少し止まっていた「夢のみずうみ村小話」の録画撮りを再開しました。IT事業チームの徳本君が、産業祭で手を取られたりしていたので、私のSNSは停滞気味になってしまいました。すなわち、私一人の力ではSNSは先に進めないという案配なのです。携帯電話やパソコンに向かって、こうして原稿を書くことはできますが、フェイスブックやユーチューブに直接入り込み、打ち込んだりすることは厳しいのです。なにが?と問われると困るのですが、携帯で、フェイスブックやツイッターやユーチューブのアプリのマークを押すことぐらいはすぐにできますが、その先に手が進みにくいのです。ずらりと、多くの人の名前や、写真や、コメントが並んで出てくるのを見るだけでたじろぎます。返事をどう出すか、どのマークを押して回答するか、さっき見た名前の人に返事をしようと思ても、またその名前を引き出せません。そうこうするうちに、何かを押したら、突然鳴り響く音楽。私は、左耳が聞こえないものだから、携帯は最大ボリュームにしています。ですから、移動中のバスや新幹線や飛行機の待合室などではてんやわんや。消そうとしてすぐには消音できないのです。その都度、IT事業チームの徳本君に連絡してどうすればいい?と確認しないと恐ろしくなってきてしまったのです。しかし、しかし、しかし。頑張ろうという気持ちは持っております。
 今日はお休みをもらいました。少し、からだきつかったからです。しかし、やすむことは私には慣れません。ビデオカメラを我が家の居間にセットし、夢のみずうみ村小話の録画を、6本くらいとりました。早速、明日、徳本君に回します。少し滞りがち不だったSNSを動かします。ぜひ、ご覧くださいませ。彼の手元にたくさんの動画が溜りつつあります。早く公開してほしいところです。彼は、もっと、早く録画してくださいというかもしれませんね

カテゴリー: その他   パーマリンク

コメントは受け付けていません。