通所介護施設の覚悟

コロナウイルスが不気味な忍者としてあちこちに潜んでいる。社会的使命役割があるので、営業停止要請はしないと国、東京都、各自治体からわざわざ文書が来ている。しかし、デイサービスで営業自粛するところが随所に出てくるという報道を目にすること耳にすることが多くなり始めている。

たしかなことは、利用者さんが 利用を中断されると、意欲低下、筋力低下、関節可動域の低下等による運動動作能力の低下、不規則な生活習慣の実施、食事栄養面でのアンバランス、対人関係の希薄さによる鬱気分の発生などなど、いいことはまずない。かつて廃用性症候群と呼ばれた心身低下昨日症状がいろいろ発症する危険性が言われる。デイサービスの力を再認識する。

夢のみずうみ村にお越しいただきたいと願い、職員はマスクはもとより、いたるところの消毒を、利用者さんが帰られてからも、お越しになる前も、利用される都度も、必要な消毒は当然やってのけている。三密を避けるなどは自明の理で、いろいろ工夫する。その最たるものがバイキングだ。

とにもかくにもこのコロナ危機を利用者さんと一緒に乗り切りたい。ただただ祈るのみである。

カテゴリー: その他   パーマリンク

コメントは受け付けていません。