1. トップページ
  2. 事業紹介
  3. 総合ケアシステム

事業紹介

自己選択自己決定に基づく「総合ケアシステム」

他にはない特徴

夢のみずうみ村では、自己選択自己決定に基づく独自の「総合ケアシステム」を導入しています。
このシステムは他にはない下記の特徴により、「記録が大変、評価ができない」「時間が無い、利用者さんともっと関わりたい」といった従来の問題を解消し、スムーズな評価と計画実行が進められる体制を整えています。

  • 記録の時間を大幅に短縮
  • 正確な評価を自動生成
  • 集団一斉から個別プログラム提供への転換を実現
  • リハビリ指針を自動生成
  • リハビリの成果がよく分かる

評価の指標は「MILK」

MILKとは、ICF(国際生活機能分類)の心身機能分野を下記の4つに分類したものです。

  • M = ムーブメント : 身体の動き
  • I = インテンション : 心の動き
  • L = ライフ : やる気・生命力・活力
  • K = キーピング : 根気・持続・継続

このMILKは、生活を活発にするための「元気の素」と考えることができます。 それぞれのリハビリプログラムに含まれるMの要素・Iの要素・Lの要素・Kの要素を割り出し、数値で表します。

つまり、プログラムに参加すればどのくらいのM・I・L・Kを摂取できたかが分かるのです。また、MILKの各項目について主観・客観評価も行います。ご自身の現状の認識と、第三者の認識とのズレを見出し、その後のリハビリ指針を決定します。

手順

主には通所介護施設向けのシステムですが、障がい者施設、医療機関のリハビリ部門でも十分ご利用いただけます。

予定入力

利用者さんの予定が貼られたマグネット上のバーコードをバーコードリーダーで読み取ります

データ入力

血圧などのバイタル情報を入力します

出席チェック&記録

各プログラム実施場所で出欠を取ります。データは予定表スキャン時に自動的に作られます

通所介護記録・・・出欠データに基づいて介護記録が作成されます

自己・第三者評価

個別機能評価票・・・3ヶ月に1度、利用者さんご自身に自己チェックをしていただきます。MILKそれぞれの項目にいくつかの設問があります

している活動評価票・・・3ヶ月に1度、職員による第三者評価を行います。施設で行う活動について、その方の介助レベルを判定します

総合評価

1ヶ月評価・・・1ヶ月ごとにバイタルの変化やMILK摂取量の変化を見ることができます。

3ヶ月評価・・・3ヶ月ごとに総合評価結果や目標達成度が分かります。

計画

通所介護計画書・・・3ヶ月ごとに目標を決定し、計画書を作成します。

現在このシステムの販売はしておりません。
販売再開が決まりましたら、このホームページ上からご案内いたします。

求人情報

熱いハートを持って人と接することのできる方

フランチャイズ(FC)事業
夢のみずうみ村農園「夢みるいちご」
夢のみずうみ村代表 藤原茂ブログ ゆめ通信 職員ブログ イラストゆめ通信