作成者別アーカイブ: fujiwara

りんごの故郷

美空ひばりの歌である。「りんごの故郷は 北国のまち」で始まる。流れ流れて昨夜遅く 新山口駅前のホテルに泊まった。朝食、リンゴが細かく刻まれて提供されている。同じチェーン店の東北新幹線、北上駅前の同ホテルでしばしば刻まれたリンゴを食べた。今日、大槌の子どもたちの顔がリンゴの中に出てきた。不思議だ。春休みの28日、29日に、泊りがけで、秋田県境の西和賀に雪合戦サッカーをやりに出かけた。夜中1時前、皆が就寝した後の深夜に、こっそり大風呂に4人組で入った女の子たちを集め説教した。「ルールを守れ」と。後悔だ。言わなければよかった。大人のエゴではないのか、子どもの自由、のびのびを保障しようとするお前(私)の理屈に反するではないか。リンゴを食べながら悔やまれた、子どもたちに謝らねば。「リンゴの故郷」を聴くと、必ず涙がにじみ出る。私の故郷は、リンゴの故郷、北国のまちが しっかり加わってきた気がする。山口県でも島根県境でリンゴは取れる。しかし、微妙に味が違う。ゆっくりかむ。〇〇が違う。〇の中に何が入るか文字化できない。故郷はいくつ人間にはあるのだろうか

カテゴリー: その他 |

「1億円募金運動終了」と「子ども夢ハウス」のこれから

 表題の文書を ご寄付いただきました全国の方々に以下の文書を郵送させていただきました。ご寄付いただいた当時のご住所に文書を郵送させていただきましたが、返送されたものも多数あり、この場をお借りして、お知らせ並びに御礼を申しあげたいと存じます。同時に、匿名でご寄付いただいいた方々も多数あり、重ねてこの場で御礼申し上げたいと存じます。ありがとうございました。  郵送文書 (原文のまま)                                                                        2017年3月1日 子ども夢ハウス1億円募金にご支援くださった皆様                         夢のみずうみ村 代表 藤原茂 「1億円募金運動終了」と「子ども夢ハウス」のこれから 厳しい寒さと、寒暖差が続く今日この頃でございます。沿岸部の大槌でも大雪の日があり、雪遊びに子どもたちは興じました。いつもと変わらぬ厳しい海風が吹き荒れる毎日が続いておりますが、子どもたちはいたって元気です。皆様におかれましてもご健勝のことと拝察申し上げます。 日頃よりのご報告を全くいたしておらず、「子ども夢ハウスだより」も滞りがちの中、唐突に、このお知らせをいたします非礼を、まず、深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ございません。 開設以来、夢ハウスの管理者として、寝食を賭して活躍してくれた夢のみずうみ村職員、吉山周作君が、社内結婚で結ばれ、首都圏の夢のみずうみ村(世田谷新樹苑)に転勤いたしました。そのあとを、若い男性職員2名を新規雇用し、吉山君時代から頑張るお母さん職員2名と計4名で奮闘しながら運営を続けております。 振り返ってみれば、4年前の2月頃、納棺師の笹原留似子さんと知り合い、彼女の「駆け込みハウスが必要だ」の話に触発され、衝動的に「子ども夢ハウスおおつち」を開設しました。当初から、助成金に頼らず、募金活動のみで施設運営をする判断をし、1億円募金は始まりました。 募金は、5期にわたり、第1期、子ども夢ハウスおおつち。第2期、夢ランド(すりきず公園と命名)。第3期、スープや夢結び(車による移動販売)。第4期、がやがやハウス(就労支援事業所)。第5期、エルダー旅籠夢長屋(介護付きホテル)と、段階的に資金を集めて事業展開する計画でスタートいたしました。  本日まで、総額52,253,226円という素晴らしい運動となりました。本当に感謝申し上げます。 募金運動を実施する責任主体は、社会福祉法人夢のみずうみ村が行い、運営資金一切を募金で賄うことを条件に、法人事業として開始いたしました。「夢のみずうみ村」は、介護保険事業のみを行う法人であり、銀行からの借り入れで運営を行う実態の中での大槌事業の開始ですから、法人会計から大槌事業の負担をすることは当初より不可能でしたので、大槌に関する全てを寄付金で賄うことで動き出した次第であります。 1.子ども夢ハウス開設と運営資金 募金運動のおかげで、子ども夢ハウスは、大槌町安渡地区に7LDKの民家を借りて駆け込みハウスを開設し、近隣に「すりきず公園」も作り、遊び場のない子どもたちの格好の暴れ場所となりました。(1億円募金の第1期事業と第2期事業の実現)。借家借り上げ費、すりきず公園づくり費用、子どもたちの日常プログラム運営費、行事費、イベント開催等のプログラム費、山口デイサービスから運んできたワゴン車の車両管理費、光熱費、さらに、人件費等々のランニングコストも、子ども夢ハウスに掛かる全ての経費を募金で賄わせていただきました。 そんなある日、「募金は、事業費のみに使っていただき、事務費(人件費、ランニングコストなど)に使うことはやめていただけないか」というご意見を承りました。助成金を受けない覚悟で始めましたので、「運営資金は募金しかなく、子ども夢ハウスにかかわるすべての経費を賄わせていただかざるを得ないのです」と、ご理解を求めましたがご納得いただけませんでした。しかし、そのご意見を頂いたことによって、必要な経費に絞って運用する覚悟ができ、公正に今日までやってこれたと思っております。この報告をご覧になった中にも同様なご意見をお持ちの方がおられるかもしれないと思い、ここに明記させていただき、なにとぞ、ご了解を賜りたくお願い申し上げる所存でございます。 子ども夢ハウスの5期にわたる事業計画は、募金が一定の目標金額に達して、はじめて事業を開始展開するというものでしたので、運転資金は別建てにしなければいけないことは自明の理でした。社会福祉法人理事長の藤原(当時)が、「全て寄付金で運営するから法人には迷惑をかけない」と宣言し、独断専行型で始めました。夢ハウス事業にかかる経費は、家賃、人件費負担が大きく、徐々に、社会福祉法人に負担をかけ始めました。それを、職員、理事各位のご理解とご支援で、乗り切りながらやってまいりました。一方、介護保険事業の単独運営事業を行う当法人にはおのずと限界があり、国の制度改正が行われる度に、単価改正も行われ、収入減による不安定経営を強いられる経営実情下での大槌事業でした。この間、職員各位には、賞与不支給の現実を呑み込みで頂きながら、大槌事業の法人支出を行うという不測事態をもたらしたりしました。しかし、子ども夢ハウスの運営資金の主体は、今日まで絶え間なく続く募金活動であり、ひとえに、募金活動してくださいました全国各地の多くの皆様のお志であります。 2.子ども夢ハウスを、「公的認可事業に」から「新天地に移転へ」 こうした運営状況を打開し、長期的に安定した運営体制を作ろうと考え、子ども夢ハウスを公的認可施設に申請しようと考えました。この段階で重大なことが判明しました。借りていた7LDKの民家が建築基準を満たしていなかったのです。よって、公的支援の申請ができないことが判明しました。 混乱していたところに、延べ面積が今より3倍近く大きく、家賃も安い住宅が出てきました。大槌町内移転ですが、施設があった安渡地区内ではないので大変な決断を迫られました。すでに施設近隣の地域の住民の方々と密着しており、子どもたちの原風景にもなっているこの建物から移転することは考えにくい選択肢でした。 しかし、経済的支援を受けられない建造物であるという重大な問題点は、いかんともしがたかく、苦渋の決断で移転決定。子どもたちみんなの力を結集し、現在の大槌町大ヶ口に大移動を図りました。この決断が、正しかったかどうか、今もって、意見の分かれるところとなりました。 3.最近の子ども夢ハウス 本来、子ども夢ハウスには2つの機能があります。第一の機能は「放課後学童の運営」、第二の機能は「駆け込みハウス」です。 震災直後に、面影復元師の笹原留似子さんが訴えた「自ら命を絶とうとするような心境の子どもたちの話を聴く場、逃げてくる場所、何事かある場合の緊急避難所をつくろう」といった必要性は、震災後6年過ぎた今ではもはやなく、駆け込みハウスとしての役割は終えたのではなかろうかと、笹原さんと私で共有確認いたしました。 学校に行けない子どもたちは、新しく移転した夢ハウスにもふとやって来ます。以前からそうでしたが、夢ハウスしかこられなかった子どもは、やがて少しずつ通学できるようになります。不登校期間が長くなった子どもは、学習面で著しく遅れる心配をしはじめ、学習塾に午前中行き、午後夢ハウスに戻ってくることができるようになります。家からまったく出られなかった子どもが夢ハウスには来て、ここを踏み台にする実態があります。 夢ハウス開設当初は、震災後2年近く過ぎているのに、大槌に自由な遊び場はなく、学校と仮設をスクールバスで往復する毎日。たまり場のない子どもたちの必要な空間として、子ども夢ハウスはその役割を果たしてきたと思います。最近でも、夢ハウスにやって来て、することはといえば、部屋の中で、ドッジボール、卓球、新時代ベーゴマ遊びや人生ゲーム、料理、さらには、新しく夢ハウスの裏庭に作った「第二すりきず公園」でサッカー、バスケット、滑り台に興じます。しかし、「学ぶ」ことを捨てた施設ではありません。広い家の中に学習室も常設し、放課後はまず宿題をしてから遊ぶ習慣化は達成できました。不登校の子どもたちは、個人差はあれ、戻るべき学び舎にやがて戻っていくワンステップとしてここを利用します。子ども夢ハウスは、しっかり、社会資源の一つとして大槌町での存在を示してきたと実感します。 4.子ども夢ハウス事業、継続か否か、決断の時 大槌役場、教育委員会から、放課後の子どもたちの支援をどうするか声かけがありました。関係機関は、放課後デイを行っている、夢ハウス含む3施設。学習塾1施設。読み聞かせ1施設。教育委員会、障害福祉課などです。これからは、分散して支援するのではなく、各団体が連携し、学校生活と放課後の流れを作り、共同して事業展開しようという動きです。最近では、放課後、集団下校の集会場にスタッフがお迎えに行き、一緒に夢ハウスに帰ってくる子もいます。夢ハウスに来なくても、復活した野球やサッカーの活動をやったり、フリースクール形式の学習塾に行ったりと、少しずつ活動の選択の幅が生まれ、子ども夢ハウスの存在意義が変わりつつある背景が見えてきました。震災発生から6年目に入り、火急的な支援から、永続的支援に転換する時期に入った被災地に共通する課題かもしれません。大震災でショック昏迷状態が起き、多くの助けを必要した被災直後の支援。その後の緊急復興支援。2年後から開始した子ども夢ハウスは、継続的支援と呼ぶべき支援といえそうです。子ども夢ハウスができた復興2年後も、大槌に自由な遊び場はなく、学校と仮設をスクールバスで往復する毎日。たまり場のない子どもたちの必要な空間として、子ども夢ハウスの支援は不可欠でした。 こうした様々な被災地での支援活動は復興6年を経て変わりつつあります。活動を終了していく団体も目立ちます。支援活動をどのように展開するか、各団体が過渡期に入ったといえます。行っている活動を、永続的支援という形で提供すべきか否か、決断する段階に来ているのです。 子ども夢ハウスでいえば、4年間続けてきた活動を、ここで新たに組織固めして、永久的支援に展開すべきか否か、決断する時になりました。社会的必要度、運営人材、経済的側面の3つの要点で決断を迫られています。 開設当時訪れた子どもたちの顔ぶれ、利用期間、利用内容・状況は(微妙に)異なりますが、どのお子さんにとっても、子ども夢ハウスがなかったら、その成長過程はどうなっていただろうかと案じさせるほど、一人、一人に、素敵な影響(成長)をもたらしたと思います。ご支援いただいた皆様方のお気持ちは、素敵にこの地のこの子どもたちの中に育まれたと確信いたします。さて、この先です。  大槌町では、昨年9月23日、小中一貫校「大槌学園」を開校し、仮設小・中学校を廃止しました。さ来年度4月には、学童保育所を併設することになっています。こうした背景下で、我々が震災2年後から行ってきた子ども夢ハウスの支援は、まだ必要な存在なのであろうか、大槌の子どものための支援社会資源はそれなりに充足されてきている、それでも、社会資源の一つとして存続運営していくべきか。いや、いつまでも支援の輪の中にあるのではなく、地域に委託委譲し、地域社会を育てることも重要ではないのか。いや、それは時期尚早、支援はまだ不可欠なのではないか。こうした葛藤は、それぞれの支援団体が行っております。いろいろな支援団体、人が大槌から離れ、去っていきました。一方ではそれこそが復興の証です。復興が着実に進んでいるのです。 5.1億円募金の終了と「子ども夢ハウス基金」の設立 今後の子ども夢ハウスの運営は、町内有識者や利用しておられるご父兄代表で構成するを「子ども夢ハウスおおつち郷親(さとおや)の会」(当面、無認可)を設立することにしました。皆様からの募金残額は、今日の時点で1千万円余あります。これを基金として、「子ども夢ハウス基金」を設けます。異土の社会福祉法人が運営してきた活動を、地元の皆様、ご父兄で構成する「里親の会」に移管できることは素晴らしい活動の転機であると感じます。よって、1億円募金活動は、本年3月をもって終了させていただきます。 これまでの、ご寄付の使途につきましては、別紙に決算書で報告させていただきます。残金をすべて、子ども夢ハウスの活動に使わせていただきますので、この会に、全額移譲することを、ご寄付いただきました皆様に、勝手ながらご了解いただきたいと存じます。皆様のご意思が、最後まで、しっかり、おおつちの子どもたちのために使われることを見守らせていただきます。  この基金で、おそらく最大1年間程度は事業を継続し、地域の社会資源として、他の事業者と協同し、子どもたちの支援を行うことが可能だと思います。皆様からのご寄付の全てを最後まで子ども夢ハウスおおつちで使わせていただきます。 当初より、事業費のみならず、事務費も含め、子ども夢ハウスおおつちにかかわる全額を、皆様からのご寄付で賄わせていただきました。丸4年間の活動を皆様のお志が、この活動を生み出し支えてくださいました。 本当に、本当に、ありがとうございました。 … 続きを読む

カテゴリー: その他 |

第10回夢のみずうみ楽会 IN 奈良

1月29日 奈良県天理市の「陽気ホール」で開催。盛況だった。登場された順に紹介。1番手は「チーム Yasu の取り組み~四肢麻痺を乗り越えて」。講師 名倉 康友さんとは二回目の出会いであった。「歌手のつんくさんのように話ができませんが『伝の心』というパソコンを使って文章を書き、奥さんがそばでマイクで読まれ、発表されるというスタイルが、今日も見られた。明石大橋走破のビデオが圧巻である。2回目の拝聴であったが、やはりすごい。チームYasuのメンバーが 車いすを抱え、大橋のてっぺんから瀬戸内海を望む場面。橋の上の通路は、車いす目線では見えない高さなので、みんなで「せーのー」で車いすを抱え上げ、メンバーの男性の「キープ!」の一声があがる。名倉さんに、明石大橋のてっぺんからの景色を、他の人間同様にみて頂こうとする必死のチームの面々が、車いすを持ち上げ保持しているのだ。ただただ感動である。 夢のみずうみ楽会は「障がいを持ち、いったんはあきらめ沈んでおられる方々が、どっこい、『障がいを持ったからこそ、こんな素敵な人生が待っていた』と実体験を語られる会である。  2番手は 奥田優子さんと出口孝行さん。優子さんは、以前、山口の夢のみずうみ村にOTと見学に来られた。その日、夢のみずうみ村では、葉山靖明さん(片麻痺当事者であり、デイサービスけやき通り他を経営しておられる社長、我が友人)の仲間で、「片麻痺の会」を開催していた。葉山さん他の当事者の方々に、同じ片麻痺である優子さんは出会ってしまったのだ。それがターニングポイントである。初対面時、暗いなあ、おとなしいなあという印象であった。若くして脳卒中になられたのだ。想像しにくいという感じだが、我が夢のみずうみ村には石田陽子さんというスタッフがいる。高校2年生で発症し、私のリハビリ病院時代の患者さんであった。ご縁があって、夢のみずうみ村でマッサージ師の資格を取り働いていただいている。その彼女は陽気なのだ。だから初対面は暗いと感じていた。どっこい、今日の彼女は全く違っていた。「私の話は涙しますからバスタオルをご用意してください」と最初からジョークをかますのである。元気だ愉快だ明るい。何がそうさせたのか。「リスタートk~チャレンジ精神と新たな出会いが人生を変える」というテーマである。まさしく、夢のみずうみ村で、出会った体験が彼女の人生を変えた。活発に生きる視座をもたれ、チャレンジ。その場で衝撃なことが起こった。なんと、フィアンセが同席していたのだった。化粧をされたのにも驚いていたが、お嬢さんだからそれは当たり前程度に思っていたのに、どおりでおきれいになられたと思った。彼女の活発さは本来持っておられるものだと思うが、病気障がいは、それを阻んでいたと思う。それが、葉山さんや、夢のみずうみ村での出会いであったと確信できる。出口さんは右マヒで失語症であったのだが、まったくそれを感じさせない話しっぷりである。利き手交換、左手で書かれた言葉の学習のための所持訓練尾スライドは、ただただ驚いた。丁寧な文字。子ども2人を抱えての発症に、人生どう生きるかを苦悩された話に、同じ、右マヒ、父親である葉山さんとの障がいをどう受け止めこなすかの話。  3番手は伊藤恵理子さん。私も2度目、いや3度めの出会いである。タレントの平野レミさんみたいに元気な方と、奥田優子さんが紹介するような御仁。「この出会いに感謝!主婦の知恵袋!片麻痺で台所仕事~社会貢献へ」というテーマだ。片麻痺の料理の方法エトセトラの話が具体的内容であったが、とにかく、障がいをもって真っ暗であった中で出会った、作業療法士、そして、葉山さんたち当事者仲間。そうした出会いが、人生を変えたと、会場から異口同音に同じような話が出始めるきっかけの話題提供であった感がする。片麻痺料理の小道具を、同席していた中島萌OTが会場に高々と掲げて紹介。どこにもある品々をうまく活用する方法なのだ。知らなかったらできない皮むきも知っただけでできるようになる。当時者パワーのすごさである。  昼休み休憩をはさんで、ALSの森本和彦氏が登場。「障害受容を考える~人は障害を受容できるのか」というテーマ。気管切開され、車いすに寝たまま。伝の心を発表用にセットされ、奥様と仲間の方々(4人くらい)と昼休み中にセッティングされての開始。あらかじめ、パソコンで1文字ずつを「行と列」で選択して文章を作る作業をしてこられていたので、機械音で見事に朗読がスムースになされた彼の発表であった。理学療法士でご活躍であったことを司会者が伝える。よって、「障害受容」には学生時代より考えてこられたことや、学者や書籍での内容を紹介されながら、明確に、回想的な障がい受容などはありえないこと。(双方向であること)。障がい受容ということがあり得るのかと提起。全身寝たきりの森本さんの器械の声が会場に響く。重いテーマであるが司会役の葉山さんが話したことを受けて、会場で、森本さんが伝の心を打つ。そばで液晶画面を見る。「皆さんが受け止めてくれたことがうれしい」と。私がそこですぐ浮かんだのは、「これがいい」「このままでいい」と感じる心境であった。それを、森本さんの話を聴いて感じた。奥さんが作業療法士(OT)だと伺い、また感動。いい出会いをさせていただいた。夢のみずうみ学会では、舩後康彦氏以来、2度目のALSの方の登場であった。  5人目は山口宗彦氏。学校の生成だ他tころにバンドをつくられていて、そのメンバー共々の登場であった。「夢と出会いとやさしさと~音楽活動とともに」という発表。「視床痛」という脳卒中患者さんでも特異な痛みを持たれ、耐えられない痛みと、ギターを作業療法に取り入れ、ハーモニカで言語療法にも挑戦した話。実際に、メンバー6人による演奏。手話を交えての会場といった地となったコンサート。山口さんおハーモニカが響いた。みんなで手話しながら歌った「花は咲く」。とにかく素敵な発表であった。  最後に15分間で、発表者全員前に集合。私がマイクをにぎり、「第10回夢のみずうみ楽会」のおさらいをした。  ①ヒトは誰もが自分の体の内側に「自分ダム」をもっている  ②あたり一面に潜んでいる「感激の素(」味の素ではないですよとジョーク一発)を見つけ、感動感激すれば意思の水が湧く  ③意思の湧水からどんどん水がたまり、自分ダムに一杯の水がたまるとそこが自分湖、夢のみずうみ、ですよ  ④夢のみずうみに一杯水が、今日の会でたまったでしょ  ⑤じゃあ、自分ダムの放水です。  ⑥放水すれば水力発電です。あなたが自分で自分電力を生み出すのですよ。本日は、相当の自分電力を皆さんが発電されると思いますよ  ⑦在宅で、障がいを持たれた方や病気で悩んでおられる方々が苦悩し、自分の内側のみに語り掛け、ますます孤立化し苦しまれれている方々に呼びかけましょう  ⑧今日の皆さんの発表、姿、話の中味は、体験者ならではのすさまじい生きる力を与えてくださいました。当事者の方だからこそ生み出されるパワーです  ⑨皆さん全てがおっしゃってます。出会いに感謝。障がいを持ったから生まれた出会い。  ⑩葉山さんが言いました。障がい者の方は「障害を体験した方です」。私はそれを聴いて思いました。世の中に健常者はいない。居るのは「非当事者」だ。  素敵な 夢のみずうみ学会 奈良大会 ありがとうございました。   何か行動を起こさなければと全身が揺さぶられて 新幹線で東京に帰りながら、これを一気にまとめています

カテゴリー: その他 |

また一年 実に早い一年 あっという間の一年 

 2017年、さっと新年が来て、あっという間に11月半分終わり、おっと、もう1月半分過ぎた。いつものように、動きが求められ、語り、動き、考え、悩み、時に笑いを交わし、うつむき歩き、走らなくてはいけないときは走り、「1年 365日」という時間は過ぎ去る。  ヒトとかかわり、人から力を頂き、人が生き、喜び、感動しあう中に居られる喜びを求め続ける人生でありたい。そうはいかない、現実が、目の前に様々、常に、横たわり、いかに対処するかを即座に対応しながら、また今年もあっという間に過ぎるのだろう。すこしでも 些細な出来事に最大の喜びを感じ取れる生きざまをしていこう。多くの方々に支えられての「夢のみずうみ活動」。  自分が、生きていることに感謝しながら、新年のメール更新を行いました。よろしくお願い申し上げます

カテゴリー: その他 |

いずこにも仲間ありの人生

札幌で講演会を終えた。朝9時過ぎから午後5時まで講演でしゃべり続け そのあと、FCの夢のみずうみ村てんやわんや本町(有限会社おいらーく:札幌市)に出向く。30余名の職員が私を待っていた。「夢のみずうみ村の話を、私から聞いていない人たちがいる。時間を作ってくれないか」と、頼まれた。うれしくなってはせ参じた。すでに何度も私の話を聞いたメンバーも、ベテランスタッフも、オーナーまでがそこに居る。急に頼まれたので準備不十分。正直申せば、いささかくたびれていた。しかし、不思議なのだ。輝く職員の目、わが夢のみずうみ村に期待する半信半疑の顔・顔。私は、足の先から身震いした。ここにも夢のみずうみ村の職員がいた。全く違和感なく、私の周りには直営・FC問わず、私を求めてくれる職員がいる。 それは、全国、台湾まで走り回っている私の、心を揺さぶる仲間の力だ。 ありがたいことに、この北の大地から、南の沖縄、うるまの海のそばの仲間までたくさんの仲間がいる。 盛岡の仲間とは、この間、子どもを交えて焼肉食べながら語り合った。新規に仲間となる米沢にも出向いて建設中の建物に夢のみずうみ村を見た。上越では、重度の認知症の方に出会い、歌を歌い、強く固まった手足に「ほぐし」をやろうと確認し感動できた。新潟は頑張っている仲間にまた会いに行くことを昨日社長に電話した。全国を駆け巡っていることは仲間に背を向けていることだなと反省した。会えないでいる仲間もたくさんいる。山口、防府、世田谷、浦安の直営本家の仲間、小規模多機能の仲間にも、随分と会えないでいる。大槌には、子ども達の親達や、地域の方々との新しい出会いも生まれた。  私は恵まれている。全国どこに行っても仲間がいる。温かく迎えてもらえる。温かい食事。温かい心。豊かな温もり。本当に生きている感動を全国各地でいただける。現代版山頭火だといつも思っている。亡くなった父が、全国を放浪したいと酒を飲むたびに、ぽろっと私に淋しく語っていた。口数少ない父が、酒を飲むと饒舌になり、それができない淋しさ、虚しさをよく耳にした。全国の仲間の声にさせられながら、私は、いつも父を思い出す。あと父が亡くなった年まで5年。オヤジより長生きしたいと願う。  「親父、今日は、これから、釧路、そのあと襟裳を通って帯広、青森、高松だよ」

カテゴリー: その他 |

流れ流れて 

釜石駅で 子ども夢ハウスおおつち管理者、吉山周作君と愛音ちゃんの二人に送らて、新花巻駅までのローカル線に乗った。宮沢賢治がいるように感じる東北の農村だと感じる、東北新幹線車窓から見る風景とはそれでも微妙に違って見える。スピードがのろいからか、身近に、畑のそば、山のそばを通るからか。でも、いつものように賢治がやってくる。小学6年生の時に知った「雨ニモマケズ」といっしょに。必ず、徳久広司の演歌「北に帰ろう」がBGMだ。いつものことだが湧いて出てくる。調子があまり良くないときはなおさらである。  おおつちでは、利用されているご父兄や地域の方々と、子ども夢ハウスの先のこと、組織のことを話し合った。地域に根差している一人の人物をご紹介いただいて会った。子ども達は夕方帰ってきて夢ハウスで遊んでいたが、私は、その晩の振る舞う鍋料理を作ることに専念していた。フルーツ鍋。パイナップル、リンゴ、メロン、ブルーベリー、桑の実、アスパラガス、ブルーベリー、キャベツ、マイタケ、ニンジン、タマネギ、さつま揚げ、ちくわ、こんにゃく、ホタテ貝、ミール貝、トマトケチャップなどを入れ込んだ。味は甘く、まあまあの出来だと自負しているが、みなさんの食べ振りは思ったほどではなかった。まあまあの結果だと思っている。  昨夜は札幌の駅前ホテルに宿泊。今日はここで講演会をやり、釧路、さらには北海道沿岸部、襟裳岬を回って、帯広と流れていく。北を流れ歩くとき(実際はレンタカー移動)は、いつも落ち込む。落ち込んで、ふと消えてしまいたくなるような衝動が起きるので、予防の意味で このブログを残しておこうと決めた。私はまだしっかり生きてやるべきことがある。北をさまよい流れるのではない。自分の進むべき道を、自分の内で確認するために流れ流れていくのだ。

カテゴリー: その他 |

子ども夢ハウスおおつちの移転報告

子ども夢ハウスを移転しました。 そのご報告を 夢のみずうみ村のホームページでも 掲載しておきます 子ども夢ハウスおおつちを                           支え続けて下さっている皆さま 2016年3月11日 子ども夢ハウスは 大槌町内の 辺地ケ沢地区に 引っ越します 3年前の4月11日に 安渡地区ではじめた「子ども夢ハウスおおつち」の家は、建築確認されないまま建てられたものあることが半年前に判明いたしました。学童保育所や高齢者施設など、公的制度の事業申請をいたしました段階でそれが持ち主(不動産屋)から判明しました。申請は受け付けてもらえませんでした。ですから、今日まで、無認可事業所として活動を継続して参りました。この運動を可能としたのは、全国各地の皆様方の多大なご支援の賜物です。 現在まで使ってきました安渡地区の家は、当初17万円という高い家賃でした。あの時点では、すぐに活用できる1軒家はここしかありませんでした。ですから、深く考えず、やみくもに手を打ち、開設を急ぎました。その結果、子ども達はもとより、ご近所の仮設の皆様をはじめ、地域の多くの方々達が利用され、素敵な歴史を刻んで参りました。 この場所を離れがたい気持ちは皆深く、安渡地区の住民の多くから惜しまれる声をたくさん伺っております。子ども達の誕生日ごとに記した柱の傷。かくれんぼした押入れ。広い台所での調理の匂い。穴掘りや、野菜を作った庭。ハンモックで遊んだ樹。こころの原風景となったこの家を去る寂しさをお察し下さいませ。 震災から5年、我が家を立てたり、復興住宅に入ったりして仮設を出ていく家族が少しずつ増えていく中、大槌の広い範囲での事業展開をしていく必要性が増してきました。現在の家賃は、下げてもらって13万。今より3倍も広い新しい家は、公的支援事業が受かられる確認申請のある家であり、家賃12万円、安いのです。この安渡の家は、今の家賃を少し下げていただき、継続利用したい旨を伝えましたが無理でした。 出ていくことは本意ではありませんが、無認可事業を今後も運営していくには限界があります。正式に学童保育事業、フリースクールとして申請し、認可され、未来永劫、この事業を大槌町に継続して展開することを企図して、引っ越しを決断いたしました。 全国からの寄付者の皆様お一人お一人のお名前を壁に張り出してまいりました。その一枚一枚を子ども達と丁寧にはがしました、新しい家の壁にまた張らせていただきます。 3月中に、少しずつ子ども達も手伝い引っ越しします。新しい家は、今より3倍程度大きく、庭や横の畑など、活動の幅が広がります。昨年末に撤去しました「すりきず公園」は、今度の建物の横に再びボランティアの力を借りて作ろうと画策しております。 経過はまた報告させていただきます。ひとまず、引っ越すことをご報告し、変わらぬご支援を賜りたく、お願い申し上げます。今日も厳しい寒さの中、3.11を迎えます。 夢のみずうみ村代表  藤原 茂 <新しい住所> 〒028-1131 岩手県上閉伊郡大槌町大槌大15あざ辺地ケ沢95番地1

カテゴリー: その他 |

2016年 元旦に記す

3年越しだと思う、山口デイの机の周辺の片づけを年末に行った。いつもは元旦にかかって、年賀状書きがあり、住所のハンコ押し、または、エクセルから住所シールをパソコンで印刷するなど、年賀状に関わって、年末年始、多くの時間が割かれていた。今年は、早めに人(事務の金子さん)の力を借りたらあっという間に住所シールができた。5,6時間は消化しないで済んだ。大助かり。去年は、その印刷に手間取ったし、できたものも枠からはみ出し修正に帰って時間がかかり弱った。でも、賀状は、12月30日、31日、元旦の私の重大仕事の一つである。  年賀状は、私は、自分の人生に関わってきた瞬間をたどる作業だと思っている。関わりの深い・浅いに関係ない。長い期間、わが人生67年間に関わってきた人物のことを感じる瞬間である。年賀状だけのお付き合いをさせていただいている方も多い。私が出さないと、おそらく先方さんからは来ないであろうという方であっても私は出し続けたいと思う。それは、わが人生の刹那、ある瞬間で、ほんのわずかなかかわりであっても、今も忘れられないことがあったり、懐かしかったりするから、その方の名前を書く。(実際はシールを張る)。本当に一瞬であるが、出会ったその人物とのことを感じる瞬間が心地いい。自分が生きていたこと、確実に、そこで、その方と、詳細はおぼろげだけど、なんだか忘れたけど、生きざまを見せあったことを辿れることが、生きている証のように思えて心地いい。うれしいような気になるのだ。だから、年賀状は自分のために書いて出しているのかもしれないと、この年になって思えるようになった。今年は、大槌の子ども達のクリスマスの写真を賀状に使わせてもらった。本当に、あの子たちは私に真っ向から向き合ってくれる。見捨ててくれたり、近寄ってきたり。あれだけ無視していた子たちが、私を正面から見つめてくれるようになった。声もかけてくれるようになった。私が写真を撮ろうとすると一緒に写ろうとして、傍に走り寄ってくるのだ。以前は、私が彼らの写真を撮ることも拒否されていた。隔世の感だ。今、電話の待ち受け画面には5人の子ども達が笑って写っているものを貼り付けている。お守りだ。見ればいつも私に囁いてくる。「クッソー(わがニックネーム:くそじじいから来ている)、元気?」「いつ今度帰ってくる?」と。出稼ぎに出ているクッソーは、明日2日、福岡から台北に行く。また激しい現代版山頭火が始まる。前しか向いていないつもりはないが、前に進まなくてはならない現状がある。いや、目に進もうとする中で窮地を脱しようとする私の判断が先行するというか、仕事の現実に追われているというのが正しい。後ろを振り返り、後戻りしたり、立ち止まって手を差し出すことができない自分がいる。夢のみずうみ村は、53歳からはじめ、68歳になる今年まで、ただ、ひたすらそうしたいから、そうすべきだと思ったから、そうしてきた。それは、最早まずい手法であると指摘を受けた。随分と事業を広げた分、多くの職員の方々に責任を負う立場、存在になったことに幹会えばそういうことはできないはずだという論理であろう。決して無鉄砲に進めてきたつもりはなく、計算なく進めたつもりもないが、大きな初期投資をして事業展開する藤原方式は絶対に慎むべきだと決めている。職員ひとり一人に声掛けすることもできず、中間管理職の方々に託し、前だけ進む私に、厳しく意見をいただいた。もう一度元旦に当たり、自分を見つめなおしている。  今日、正月元旦、既に走っている自分がいる。それの良し悪しは判断せず走りだした。周囲から、どうするか早々に返事をくれという回答を作る作業だ。もう走っている。元旦、ひたすらノートとパソコンに向かい、自分の頭に問いかけ、今日は元旦だから、歩きながら考え、直感的に修正すること少なく、その分、考え疲れ、休んでまた考える、メモる、パソコンを打つ。走る人生は、終わりにしなくてはいけないのかもしれない。手を下せるのは私自身だ。そう元旦に思う。走るか歩くか立ち止まるか。  私のパワーは、常に大槌の孫達から補給エネルギーを注いでもらわないといけない。弱ってきた。だから待ち受け画面は消えてはならない。消してはならない、替えてもならない。そう思う、元旦の夕刻から夜にかけこれを記す。

カテゴリー: その他 |

2015年に感謝いたします  2016年も変わらずよろしくお願いいたします

この1年 ずいぶんと 多くの方々に助けられました。厳しい、制度改正により 経営が圧迫されてきたなか 頑張り続けてくれた職員各位にまず感謝です。苦情不満はたくさんあったでしょう。代表である私はといえば、ほとんど現場に入れず(入らず)、全国を走り回っていたことが是か非か。そうせざるを得ないと考え、やってきた仕事が、本当によかったのか、まずかったか。 講演会、FC(フランチャイズ)事業の相談と展開。盛岡、上越、新潟、台湾(台北)が実際に動き、相談での動きは静岡、米沢2カ所。琉球リハビリテーション学院の学院長、理事としての定期的な活動の中、自分は何をしているのか自問自答し、うつ傾向に陥った今年。助けてくれたのは子ども夢ハウスおおつちの子ども達だった。感謝しかない。随分と老いぶれた自分を本部スタッフは支えてくれた。現場に入れない私を、めったに会えないデイサービスの利用者さん達はやさしく声掛けして頂いた。ここでもまた感謝しかない。現代版山頭火と自称している。今日寝る場所が昨日と違い、また明日も違う。そういう1年であった。「それでも、これでも、経営者か」。随分自問自答した。背負う責任は自覚しているが、討つべき手が見えない自分がおり、それでいて可投げdる時間が足りず走りながら考え、決断するいい加減さが許されるかと、これまた自問自答しながら、そうせざるを得ない渦中に走り続けた。理事、取締役の面々にも本当に支えられた。感謝申し上げたい。  ようやく、苦境を脱出する機運に夢のみずうみ村はあります。主力銀行をはじめとする支援全金融機関の連携支援体制があってのことでした。感謝申し上げます。大槌の子ども夢ハウスの募金はトータルで今年11月時点で5000万円を超えました。ありがとうございます。  2016年も よろしくお願いいたします 

カテゴリー: その他 |

子ども夢ハウス ディズニーへ

それは強行軍であった。出かける日(10月9日)に、小学校で学習発表会があると知ったのは、前々日ではなかったろうか。午後1時の出発予定が午後二時過ぎになった。この1時間が大問題である。初日の宿泊先、夢のみずうみ村浦安デイサービス到着時間が22時か23時になるからである。仕方なし。学校の門前で待ち受け、すぐに出発してはと提案したが、それはまずいらしい。いったん学校から帰ったことにしないといけないそうだ。ランドセル等の荷物は、子ども夢ハウスに置くことにした。  さかのぼるが、私自身は、9月24日大槌を出てこの日まで、「出稼ぎ」で、各地を回っていた。盛岡、羽田、北九州市、新潟、奄美大島、北九州市、仙台、静岡、浦安、山形さくらんぼ東根、浦安、北上と、毎日宿泊先が異なる過密スケジュールの中、やっと9日の夜、仕事から解放され、定宿の北上のホテル近くの馴染みの居酒屋で、笹原留以子さん・相棒の菊池さんの3人で会食。おおつちの子ども達の話をしっかり、いっぱい話し込み、ようやく旅行気分になれた始末である。 子ども達には、「出稼ぎに行って稼いでくるよ。行ってきます」、「いってらっしゃい」に送られ出てくるのが常である。今回は、帰るなり直ちに折り返して子ども達を連れて出ていく。しかも、私の出稼ぎの中心地の一つ、夢のみずうみ村浦安デイサービスセンターである。 昨今は、こうした目まぐるしい日程が、当たり前のようになっている移動過多状況の日常で、目まぐるしいのは特段大変だとは思わなかったが、いよいよ明日、子ども達と一緒に旅ができるというワクワク感いっぱいの感覚に襲われたのがなんとも心地いい。このディズニーの小旅行は私のエネルギー源なのだろう。  さて、すりきず公園(かの有名な、子ども夢ハウス下の手作り公園)につくと、親子連れですでに待っておられた。19人の子ども達と、私やスタッフの吉山君、横澤さん含め9人の大人、総勢28人である。東京世田谷からやってくる夢のみずうみ村のマイクロバスを待った。首都圏総合施設長の重責にある宮本士郎君(「さん」と呼ばなくてはいけない年齢だが、長年のわが右腕。ついつい「君」呼ばわりをさせてもらっている。すいません。あっ! 吉山君も「君呼ばわり」ですね。「さん」呼ばわりすると、二人とも遠くの存在に感じてしまう気がするのであしからず)。そうです。宮本君が世田谷から大槌まで、夢のみずうみ村山口のマイクロバス(これは世田谷の夢のみずうみ村新樹苑デイサービスに常駐しています)を運んでくれたのです。しかも、つくや否や、浦安に向けてまた旅出すのですから、彼の体力は驚愕の極みです。マイクロ一台の定員は23人ですので、夢車(夢のみずうみ村山口デイのワゴン車で、子ども夢ハウスおおつちで酷使しているワゴン車)8人乗りとの2台で出発です。 マイクロバスでは、クイズやゲーム・なぞなぞなど、飽きないようにプログラムを事前にスタッフ3人で相談準備し、景品の商品も、いつもの出稼ぎから帰る(千昌夫の歌う演歌「津軽平野」の歌詞:親父 いっぱい 土産ぶら下げてよ♪)で用意した土産商品を積み込む。 マイクロバスはいいなと、バンに乗った子からクレームが来るとまずいなあと、朝起き掛けにアイディアが浮かんだ。早速、10時を待って、ケーズ電気北上店へ。カラオケマイクを買うことを思いついたのだ。バンの方は、カラオケで行こう!カラオケで時間を飽きさせまい! Good  Ideaだ! 私が訪ねたカラオケは、店員さんが言うにはスマートフォンカラオケだが、それは当店にはないと。なに?! そんなばかなー!! 「マイクカラオケならあります」とのこと。「それですよ」と言うと、「液晶TVが必要です」 え・え・えー!?! 参った!! そこに追い打ち 「ドン・キホーテには売っていますよ」と女性定員の甲高い声。 ががーん!!  そんな盛岡まで買いに遠回りする時間あるわきゃない。思いついたのが今朝なんだよ! ここであきらめる藤原ではない。一番安い液晶TVと、シガッレト口からコンセント100Vを取るコード、そしてマイクカラオケを買い求めた。それしかない。衝動買いの大家だ。身体の底から楽しさ、面白さが沸き上がってくる。いいぞ、いいぞ。すりきず公園で私たちの到着を待っておられた親御さんや子ども達との挨拶を忘れ、カラオケを使えるように包装紙をバンの車内でバリ割いていた。 子ども達にこのカラオケが結構うけた。最初から、乗り込んだ男の子たちは、運転している私など全く知らない激しい歌をガンガン怒鳴りたてみんなで歌うのだ。奪うように歌うが、私はわからない歌ばかり。しかし、嬉しい。愉快。楽しいのである。運転は明るいうちは私、暗くなったら吉山君と決めていた。 どのくらいたったか、耳になれたメロディー。「花は咲く」(復興ソング)を子ども達が歌っていることに気付く。思わず、大声を発して歌う私。ホロリ泣きそうになる。なんで、花は♪花は♪花は咲く♪   なんだよー。バックミラーで子どもたちの様子を見る。みんな歌っている。  おや、乾杯? 長渕剛? そう「乾杯」だあ! 誰が歌っている? YUTOだ。ちょっと外れている感じだがどっこいしっかり歌えている。なんだかんだ歌が続いた。なにー! ソーラン節!? そう、外れているが、確かにソーラン節をうたっているのだ。手当たり次第に口に出し叫ぶように歌う。楽しさが、うわっ滑りしているのか、とにかくはしゃぐ。サービスエリアでメンバー交代。次は女の子たちだ。よくわからない歌のパレードだ。時間が思いのほか早く過ぎた。元は取ったなと思った。  浦安の夢のみずうみ村についたのは夜11時であった。吉村施設長が待ち構えていてくれた。何食わぬ顔で、大喜びで子ども達を迎えてくれた。吉村施設長は、浦安デイの応援で、山口の施設長役から無理を言って転勤してきてもらった人物である。風呂の湯を張り、前日から貸布団セット、買い足したマットを用意していてくれた。身内とはいえ、ほろり涙が出る。ありがたかった。  遅くなったが、子どもたちは、プールに入った。風呂に入る感覚でいいやと、深夜のプール開放。歓声が大き過ぎ、隣のアパートから苦情が来ないかはらはらしながら、約30分程度のプール。寝る場所は、貸布団セットと、6枚の合わせマットを一人分として、広いデイサービスのどこでも各自が好きなところでおやすみなさい、ということにした。  大きい女の子たちは青春のたまり場(歌声喫茶)で、小さい女の子たちはカラオケ部屋、大きい男の子たちはシアター、それ以外の親子連れは会議室が寝場所となった。これは2日間とも変わらなかった。  初日朝ご飯は、浦安駅のパン屋さんにチャリンコを走らせた。カレーパン、クリームパン、名知らずパン、ブドウ入り名知らずパンの4種類で、トレイに置いて販売していたすべてを買いこむ、女性定員二人、あわてて袋に必死で入れ込む。その光景を見てうれしく楽しい。 何ということをしているのだろう、これが子ども達の朝飯だ。パンは結構平らげてくれた。早々にディズニーランドだ。 天気予報は3時まで雨。晴男藤原は、予報は知っても、雨予報なら無視が決まり事。かつて、夢のみずうみ村の高齢者の方々を、同じくディズニーランドに山口県からお連れした際、曇り時々雨の予報をはずさせた実績を持つ。その時は、いよいよ最後の駐車場に一行が移動するぞという時点で、雨に遭遇。それまでは無事雨知らずで、ご一行は無事ディズニーランドを楽しんだ。その時の前日の天気予報は雨であった。そこで、万が一の時用にミッキーとミニーの雨合羽とポンチョを買っておいたのだ。しかし、結局それは使わずじまい。その年の職員忘年会に期待筋の景品とあいなった。 であるからして。今回、3時までは少雨の予報が出ていたが、そんな心配無用と、親御さんに宣言する私。でも降ったらどうしますと横澤さんが心配の声。いざとなったらポンチョを買うからいいよと言い放つ私。 ところが、である。ディズニーランド駐車場についたら、それまでショボ降っていた雨がぴたり止んだ。すごいねえと誰かの声。我ながら晴男だと強く自覚。 結局、今回も、雨は降らなかった。「ポンチョはないのですか」と、N君のお母さんが残念がったが、私は、晴男が立証されたことに酔っていた。 この日のために、ボランティアが参集してくれた。千葉県立医療福祉大学の4名、世田谷の夢のみずうみ村職員2名と、急きょ頼んだ職員の友人2名。助かった。朝9時から夜9時までの12時間遊び放題。自由行動。それを展開できたのは、個別に分散行動できたからである。ボランティアに大感謝。 私は「いざという時」の対応役で控える役回り。以前の夢のみずうみ村高齢者の方々との旅行では、障がい者優先入場の特権を活用させていただき、シンデレラの部屋などを歩き回ったが、遊びマシンなどには全くお目にかからなかった。ディズニーランドに遊具があるということに目がいかないほど、目の前の方の介助にめげ奪われていたのかと今になって思う。ところが、今回、驚いた。当たり前なのだが、周囲に張り巡らされたおとぎの遊具マシンたち。さすがディズニーランドだと感心した。前回は、ごくごく限られたエリアしか回っていなかったのだということを知った。 突然、T君が「人酔いしたので、浦安デイサービスに帰りたい」と連絡あり。待ち合わせ場所にみんなで確認していたゲートまでおいでと指示。T君が帰ると一人になってしまうY君を吉山君のグループに合流誘導する。タクシー場にT君を連れていき、浦安まで送ってくれるよう依頼する。私は再度ゲート入場。その時、ディズニーランドはすごいと実感。ゲートを出ていく時、手の甲に、透明のスタンプを押される。再入場するとき、手をかざすと、透明マークが物をいうのだろう、入場OKなのだ、目に見えないから、これが不思議な感動。 さてさてと、足が痛くなってきたなと思っていたら、携帯が鳴る。ボランティアの方から「トイレに行っている間にAちゃんの姿が見えない?」と。さあ、あわてた。「どこ? 今どこに居ますか?」「●△◎◆○―っ!」と耳にするが、その場所が聞き取れない。そのうち、聞き取った気もするが長いカタカナみたいな場所名前が覚えられない。何度も聞きなおす。わからない。その場所へ行くことができそうもないし、わからない。必死にディズニースタッフを探す。やっと見つけた中年のスタッフに尋ねる。 「迷子センターに行かれたらどうですか」と、軽く?(いやおそらく親切だったのだろうが)言われたことを直ちにボランティアに伝えようと、携帯を探す。あわてまくった私。そうだ全館放送してもらおう! 「う? ムードを壊すから迷子放送なんかするわけない。相当迷子はいるだろうに・・・。できないディズニーランド。放送したら興ざめ、営業妨害だろうな」などと考えながら、どこに行けばいいのか、ただただオロオロしていた私。迷子センターに舞い込んでいなかったらどうすればいい??!! 混乱した。おそらく5,6分ぐらいの騒動だった気がする。 「いましたあ! 会いましたあ!」の歓声が電話口からする。ホットほっと、ほっとする。どっと安心の疲れ感。でも、とにかくよかった。私はただあわてただけである。ボランティアの彼女の心配は私以上であったと推察する。お礼をもっというべきであった。足りなかった気がする。本当に、本当にありがとうございました。この場を借ります。感謝です。 夜のイルミネーションパレードは昼間もそうであるが、これでもかこれでもかというキャラクターたちの乱舞である。それは、それは、子ども達にはたまらない感動であったろう。大喜びしてくれたと思う。私はといえば、いささかくたびれて、冷めて見始めていた。ふと、「風の盆」を思ったのだ。富山県八尾の9月1日~3日間行われるあの静かな祭り。私がもっとも心揺さぶられ、癒され、じっと見つめていると涙がじわーっと浮かんでくる静寂な祭り。こんな凄まじい音声はない。静かなのだ。なぜディズニーランドで風の盆を感じたのか。にぎやかな祭りといえば、高知「よさこい踊り」である。目の前で間近に見たときは、スピーカー音で身体が揺さぶられるほどの勢いがある祭りである。しかし、このディズニーのパレードは独特だ。にぎやかはいいのだが、私はやはり風の盆がいい。集合時間の午後9時まで、ベンチに腰掛けじっと待つ。 ディズニーの中では食べ物に困った。私が食べたいものは何もない。ファーストフードの花盛りだからである。しかも行列を作っての購入。サラダは何とか食べられるか。甘い、甘いクッキーのようなアイスは、アイス好きだから何とかなるか。他は全く食べたい気がわかない。何とかサンドを食べてみようと決死に注文。ベトベト、サンドの間から肉汁でもないケチャップでもない、どす黒い色の調味汁が手に出てきて一口食べて捨てた。世界には、飢餓で生き死にしている子どもたちがいるのに。その子たちはおそらくねめるように食べるだろうに、捨てていいのか。買ってしまった軽率さを責めた。悔やまれたが 食べて体調を壊すことを思うとこれしか手はなかった。本当に申し訳ない。批判を恐れず申したい。米国から移入したから仕方がなかろうが、世界中のディズニーで同様の食べ物が大人気なのだろうが、健康的に絶対よくない食べ物である。販売をやめるべきである。不健康だ。ウオルト・ディズニーが生きていたら、蕎麦屋、すし屋に連れていき食べてもらおう。そうしたらディズニーランドに蕎麦や寿司も、メニューの一つに入るだろうにと、捨てたゴミ箱のそばのベンチに座り、しばし妄想。うろうろしていたら、ハウス食品のカレーハウスの看板が目に飛び込んできた。遅かった。早く出あいたかった。もはや、食べる気もなかったので見過ごした。 夜9時すぎに、全員が約束していたゲート下に集合。記念写真を撮った。みんな疲れているのか元気なのか、よくわからない。充実した顔。ぞろぞろ駐車場に移動。ただただ無事に過ぎた安心感で腹の底からうれしい気分が湧いてくる快感。 ディズニーランドを後にし、夢のみずうみ村に戻ったら、「今日はプールできるの?」と聞かれた。「いいにきまってるよ」とは言ったが、元気はあるのかいなと心配になった。どっこい、気苦労不要だった。はしゃぐ、はしゃぐ。ディズニーランドより元気だったのではないか。  この日、12時にはみんな眠ったそうだ。吉山君から翌朝聞いた。私は、施設で寝ないで、自分のマンションに帰って寝た。身体が持たないと思ったからだ。 明けて月曜日は、浦安デイに利用者さんが来られる。朝、7時に、前日、御触れで伝えておいた高らかなドラの音。起床の合図。素早く起きて、寝ていた場所を開放し、何もなかったようにしなくてはならない。青春のたまり場で寝ていた大きい女の子は、予定通り起きない。布団をひっくり返してたたき起こした。深夜遅くまで、修学旅行感覚ではしゃぎまわっていたのかもしれない。それもありである。それも楽しい思い出である。こうして、マットをひっくり返して起こされるのも思い出に追加されると、私は信じて楽しんでやっている。 みんな集まったところで、語っておかねばならないことが浮かんだ。事前に、子ども達には、この施設に、脳卒中という病気の影響で、麻痺のある片側の手や足が、全く動かい方が通ってこられること。「治らないの?」と第三者から尋ねられることが苦痛であると(以前の病院勤務時代に聞いたので)、子ども達には、たずねないようにしようと伝える。治らない病気が世の中にあること、障がいと共に生きていく存在があることを子ども達に教えたかった。 朝食は二日目なので、前日のパンから「おにぎり」に決めた。実は、盛岡の夢のみずうみ村「輝」(FC)で考え実行している「おにぎづくり」だ。夢ハウスおおつちでも、すでに2回ほどやっている。「茶碗にラップを置き」「その上にご飯を盛り」「おにぎりの中に入れる様々の具を好きに選んで取り入れ」「その上から、ご飯を追加して置き」「最後に、(たくさんの種類がある)ふりかけの中から好きなものを選んでかけ」、「全体をラップでくるみ一握り」。おにぎり完成。好評である。 さあ、月曜日の朝。夢のみずうみ村の利用者さんと交流の日だ。送迎車が到着する玄関前に何人かの子ども達を引き連れ迎えに出る。事前に伝えてはあったが、どの利用者さんの表情も、いつもになく緩やかな印象がした。 子ども達の元気さ、賑わいは随所ですこぶる好印象であった。迷惑をかけるのではないかということは全く徒労に終わった。子ども達は、夢のみずうみ村の中にある巡礼札所(スタンプラリー)や、健康トリムと名付けた職員手作りの訓練具に夢中になった。予想外。あちこちで挑戦しユーメ(施設内通貨)を稼ぐのだ。とうとう、私は、大槌の子ども夢ハウスでも、今後ユーメを流通させることに決めた。 午前中は利用者さんと一緒にプールに入った。万が一を考え、当然、私もプールに入る。混乱が生じるかと思ったが、どっこい、「にぎやかでええね」と言われる。礼節を知るといえば大げさだが、狭い水路を交差して高齢者と子どもたちが行き交う光景が子ども達の学びの場と映り素敵であった。 バイキングは、利用者さんと一緒にすることで、これまた混乱が起きるかどうか気にしていたところであった。利用者さんが大人であることと、すこぶるお行儀がよかった子どもたちの間で、トラブルはなかった。長テーブルを直前に6台運んでいたのが功を奏した。 昼食が終われば帰り支度である。スムースに荷物を、マイクロバスとバンに載せられたと思う。お見送りを受け、浦安デイを後にしたのは、午後2時過ぎではなかったか。 … 続きを読む

カテゴリー: その他 |