カテゴリー別アーカイブ: その他

ブログの怖さと温もり

 このひとつ前のブログで、「4名のほぐし認定者を出した」と書いた。その翌日、昨日のことだ。札幌オイラーク(夢のみずうみ村の仲間施設)からと、山口市内の古くからのケアマネージャー仲間で、デイサービス運営されている友人から、次のほぐし研修に職員参加できないかというお問い合わせがあった。それを知った瞬間、電気が走った。ITのこわさ、ブログの怖さみたいなものだろうか。ブログを書いたのは、講習会を終え、非常にくたびれたが、受講生諸君の必死な変化(最初は、「大丈夫かな このヒト?」から「よくぞ、ここまで頑張ってくれた」)に、嬉しくなったのか、ほっとしたのか、感動している私がいて、それをブログに書いていた。その時に、少人数であっても、「このほぐし講習を来月もやるか?」と、自分の身体に問いかけた。「いいんじゃないかい!」という感覚だった。それだけ、久しぶりのほぐし研修をやり終えた感動が大きかったのだと思う。  講習会関連事務一切と当日のモデル、会場設営、弁当手配などを、休日返上でやってくれた井上君に「来月も、やろうかな」と水を向けると、二つ返事で「やりましょう」という。その受け答えの間が実に心地よく、我が身体が生きかえって、一気にブログに書き足した。するとである。その反応が、なんと、即座に起きたのだ。私のブログを、それだけ、見てくださっている方々がおられる証拠が挙がったのだ。私は、「毎日、ブログを更新します」と宣言しておきながら実行できていない。確かに、以前よりは気にしてブログを書くようにしている。夢のみずうみ村建設したのは、自己選択自己決定方式を社会運動として全国に広げようと思って始めたのは、まもなく20年になろうとする昔だといっていい。いま、デイサービスが各地に増え、質もそれなりにあがって多様化し、それぞれの施設が頑張っている中で、私は、今一度、夢のみずうみ村の原点回帰をしようと決意している。詳しくは、次のブログで書こうかな? まだ先かな? そういう思いから、フェースブック、ツイッター、ユーチューブをはじめて、夢のみずうみ村の広報活動を展開する部門、IT事業部を立ち上げ、船員スタッフを配置した。厳しい人員不足の中、専従をつける批判がおそらく、内部にもあったと思うが、こうした業務が得意のスタッフを配置した。(ただし、月曜から水曜までがIT事業、他日は介護現場という兼務である)。  こうして、私は自分と、夢のみずうみ村のフェースブック、ツイッター、ユーチューブにも目を向けなくてはいけなくなった。夢のみずうみ運動と称し、原点回帰、第二期の夢のみずうみ村作りに入った。詳しくは、次のブログで書けるかな?  自分でこうした状況を作ったものだから、限られている24時間。私の起きている時間で、頭がつかれておらず、からだも何とか持つ時間を使って 「できる仕事」「やらなくてはならない仕事」を選択的、優先的、必然的に行っている昨今の、我がフル回転業務。そうしたなかでブログを書いたのである。ただちの反応。お断りする事由は全くない。即座にお引き受けした。来月は何名になるかわからない。たとえ、お一人でもやるよと、井上君には伝えた。  ブログの怖さが、すぐに、温もりに変わっていったからである。  私の拙文を、見てくださる方がある。ホームページにのせたすぐにである。こころして 書こうと思う。毎日ブログを書くと宣言したが、それは不可能であった。できるだけ、書こうに変更させていただくことにする。

カテゴリー: その他 |

第5回夢ほぐし講習会終える

 今回も、何とか、夢ほぐし研修のハードな研修を無事終了することができました。今回は、身内の受講生のみでした。防府デイサービスと山口デイサービスから各2名の計4名の受講でした。  しかし、講義内容、実習内容は、受講者の多少にかかわらず、従来通りの「夢のみずうみ村ほぐし虎の巻」に基づくハードで、会場(防府デイサービス)もどなたが見えても実習OK実習という体制を用意してくれました。土曜、月曜、日曜と3日間、講義と受講者間の手技実習、フィードバック実習を行い、最終日は、実際の利用者さんの治療(施術)を行いました。  常時、鬼教官(❔)の藤原がつき、一挙手一投足手ほどき。マイナス部分はその場で即刻指導、良い部分はとにかくほめ 自信を持って頂く研修でした。なんとか、全員に合格認定証を渡す研修となり、すがすがしい気持ちで、3日間が終わりました。気分爽快です。一人でも落第者が出るとこころ苦しいのですが、今回はそうではなかったので、3日間の体力勝負の講習会終えたのに、また、すぐに、またやろうねということになりました。10月26日、27日、28日の3日間行う予定を立てました。気分がすがすがしいからです。ご希望者は、防府デイサービス井上までご連絡くださいませ。  参考までに認定証のひな型を以下にお示しします。 子の講習会を開催する意図がつたわるとありがたいので、ここに掲示いたします。本日の最終認定者登録番号が0062号でした。世の中に、夢のみずうみほぐしの認定者が62名おられるということです。素敵な取り組みが よくもつづいてきているなあと自負いたしております。  たかが1枚の認定証ですが、ご自分の 両の手で 身体のこわばり、痛みを軽減化できるという実感を持てるヒト あなたご自身を素敵な存在と考えて、広く、そういう方を世の中に生み出し、社会に役立てていこうね ということです。本当に、受講された諸君の精進に期待します。                夢のみずうみほぐし認定証                                             認定番号 第○○○○号                 殿      あなたは第5回夢のみずうみほぐし認定講習会において全技能を習得され     安心水準に到達されたことを証する。        あなたの技能を求める  ヒトが生れ そのヒトから  現場で学び               受ける感謝の中にこそ  技法の真髄ありと  精進し        ひとりで一つの  社会資源となる             それを信じ  世におくり出す                  2019年9月16日                  夢のみずうみ村 代表 藤原 茂 

カテゴリー: その他 |

デイサービスと「台風が来る!」

台風が関東地方を襲いました。 昨日から JR、私鉄は 早々と始発から電車を走らせないと決断したので混乱は少なかったのでしょうか。被害が少ないことを願います。 毎度、台風が近づくと、「デイサービス休みます」という電話が、前日、早朝からひっきりなしに入ります。それによって、送迎の順番を変えたり、運転者の交代手配をしたりと大変な騒動がついて回ります。それはいつものことなのです。  デイサービスを運営しているものとして決断を迫られます。ご利用日当日の台風到来。ご本人、ご家族から、「本日は台風のため休みます」という一報があればいいのですが、全くない場合に、施設の方から、台風接近につき、本日は施設を閉めさせていただきます」といえないということです。いや、言えないではなく、難しい判断だということにしておみましょう。様々な意見があるからです。  代表である私の見解は、「そういう不安定な状況(台風襲来)だからこそ、独居の方には可能な限りお迎えに行こう」という姿勢です。 あるできごと(事故)で教えられたのです。  それは、その時の台風で、家の前の電柱が、利用者さんの自室を押しつぶした事故から学んだ話です。デイサービスに来られていたから免れた事故でした。ご自宅におられたら。生命の危機でもあったでしょう。困難極まる状況が襲っていたでしょう。その方は、デイサービスに来られていたから、御無事でした。お迎えに行くべきか行かざるべきか、少々議論があっての送迎決行という裏話があったのです。スタッフが「行きましょう!」の一言。結果は 本当によかったのです。無論、お帰りは、自宅ではなく、避難所に、お送りしました。    この、教訓から、夢のみずうみ村では、台風が来ても できうる限り、予定されている方にはお迎えにあがり、通所して頂くように職員は頑張ります。独居の方にとってはなおさらです。大勢の人の中に居る安心感で 台風を通り過ごすという方法を是とします。しかし、これには、賛否両論です。職員が、途中、電柱が倒れて事故にあったらどうするか。避難命令が出ている地域の利用者さん宅に送迎行くのか? 課題は多いです。正解は、あるのでしょうか。ありません。議論があるのだと思います。  私たちは、先の事故以来、できうる限り、お一人にはしないことが正解という立場です。議論を期待します

カテゴリー: その他 |

中型免許(8t車に限る)が取れました。

マイクロバスに乗って 利用者さんのプログラムを発展させたいと考え、挑戦した、中型免許。若手職員も1名挑戦し、早々に取得。私は、結局、3回の検定でようやく、本日合格。あまり、うれしくなかったのです。途中、落っこちて疑心暗鬼になり、なぜ、こうした免許を、今更、取らねばならないか。なぜ、自分で、言い出したのか,馬鹿だな俺。駄目だよなあ、無理しすぎだよ・・・・などなど いろいろ、悪い時(落っこちると)感じるのです。中型トラックは、内輪差があり、縁石(それに見立てた黄色線)にぶち上げたり踏みつけたり、1発検定不合格、中止になるのです。滅入りますよ!   高齢ドライバー免許変換のご時世に逆行して取るのかとかと。複雑です。しかし、取らねばならない背景があるのです。  防府デイでは、バスストップ方式と称し、元気な方々を中心に、ご自宅のそばにバス停留所を設け(夢のみずうみ村で交渉して、場所指定)そこで、乗り降りして頂き、買い物に行ったり、その帰り、デイサービスによって ちょっと運動するといった、短時間(3時間程度)リハビリデイのようなサービスを始めようとしているからです。  マイクロバスをもっと活用したいと思っています。県内日帰り旅行にも行こう、いや、1泊2日旅行はどうかとか、アイデアが膨らみます。 とにかく、今日は一安心の日でした。

カテゴリー: その他 |

できるだけ、ユーチューブを毎日発信したい

IT事業部に一人のスタッフが週3日、張り付いて仕事をしてもらうことにしました。夢のみずうみ村方式をもっと社会に広げていくために、SNSのすごさを実証しようということです。すごい時代になりました。  今日は、防府デイで、「自立度A1~C」と名付けた、評価法の説明DVDの撮影をしました。以前、3分間ショーとして、夢のみずうみ村を紹介したビデオを作った経験がありますので、なんとなく楽です。ですから 気負わずにしゃべり、動いたものを、そのまま、世に出してよと担当のT君に頼むと、「いや、すぐ、簡単にとはいきません。チェックし修正すべき部分など いろいろ浮かんできますよ」とのこと。ならば、少し、待つ気持ちを持って、公開して頂こう。ユーチューブ拡散「いいね」コールをまずは、1か月後に1000人。1年後に1万人、という、ユーch-部の威力を実証したいなあと考えています。ぜひ、アプローチして頂き、よかったら、「いいね」拡散をお願いします。

カテゴリー: その他 |

大槌から 1学期の成績を H君が送ってくれました

毎学期、通信簿を送ってくれます。 それを、見て、電話を交わすのが、恒例です。本当にうれしいのです。いろいろあったH君でしたが、見事に、元気に、本当に、学校に通って頑張っています。すごいです。副学級委員長をやったり、バスケットボール部で頑張ったり、英検5級を受かり、今度4級を目指すとか、にぎやかな学校生活が嬉しいのです。本当に、素敵です。孫の成長を見守るクッソー(くそじじい)です。

カテゴリー: その他 |

夢のみずうみ村が ユーチューブ ファイスブックに 漕ぎだしました

夢のみずうみ村持っている etc(エトセトラ)を、多くの方々にさらに広げていこうということで社会貢献できないかと考え、恐れ多くも、表記のような行動に出ました。「いいね」という反応をより多くの方に頂けるように担当スタッフと工夫し取り組みます。 今日は、台風がよけたようで、大変暑い日になりました。夕方から、防府デイサービス職員の夕涼み会に声掛けを受け、参加します。同時に、4月新規採用職員の歓迎会も兼ねるとのこと。理学療法士を夢のみずうみ村に初採用。入植した理学療法士の歓迎をしたいですね。  これまでは、作業療法士、言語療法士だけでを夢のみずうみ村では採用してきませんでした。今後は、理学療法士にも、専門性をひろげていきたいと考えます。理学療法が生活行為向上にどのように関わるか。それを実践しようと思うのです。一般的に、理学療法業界を見ていると、機能訓練志向、医学モデル志向が強く、我々の現場は少々遠く捉えられています。生活行為は、どうしても運動機能向上から入っていく感覚は、専門性から言って当然だと思っていますが、そこを変えていこうという視点です。夢のみずうみ村では、介護や看護のスタッフと同じ目線を持ちながら、専門を生かすという視点で通所介護現場の理学療法を作っていこうと思っています。作業療法も然りです。随分、看護、介護の面々と長年素敵な現場を作ってきました。いろいろな血(専門性)が入ることの妙味をきさばいていくと、さらに素敵な夢のみずうみ村になると思います。  防府の職員は、よく食べ、よく飲み、楽しく集うのです。

カテゴリー: その他 |

環境療法概論 の 講演を 12日 山口デイサービスで行います

山口県園芸療法研究会主催です。園芸療法士を随分養成して参りました。熱心な方々に背中を押され坤為地まで何とか続きました。 明後日の話は、環境療法概論です。私が勝手に「環境療法」と名付けたのは、2002年のことでした。随分まえのことだと今更ながら思います。          園芸療法を構成する 2つの療法 作業療法の定義も参考までに書き出しましょう 「身体又は精神に障害のある者に対し、主としてその応用的動作能力又は社会的適応能力 の回復を図るため、手芸、工作その他の作業を行わせることをいう」(理学療法士及び作業療法士法、1965年 定義) 「身体または精神に障害のある者またはそれが予測される者に対し、その主体的な生活の獲得をはかるため、諸機能の回復、 維持及び開発を促す作業活動を用いて治療、指導及び援助を行うことをいう」 (社団法人 日本作業療法士協会 1960年 定義) 環境療法 「植物が生育している環境や、自然現象に逆らわず生きている実態、および植物自体が発するさまざまな感覚的要素などが、 人間の内面に働きかけることによって、身体的・心理精神的な安らぎを生み出し、人間を健康に導く作用をいう」                                          ( 藤原による 2002年 )    

カテゴリー: その他 |

福祉を教えている高校の全国大会で講演会 「心が動けば身体が動く」-生活を支える-

山口デイから車で10分の保健会館での公園でした。福祉を勉強している高校生に、夢のみずうみ村に関心を持ってもらい、実習に来てもらう機会にもなればうれしいと思い、力が入りました。熱心に聴いていただきました。Key Wordはヒトは誰もが体内に「自分湖」「自分ダム」を持っており、「自分発電」してエネルギー生産し、「自分力」をはぐくむ。そういう小難しい話っぽいものを、いかに、わかりやすく、スライド交え話すかです。自称、芸人藤原の見せ場でした。

カテゴリー: その他 |

中型免許試験、最後の「切り返し」でドボン! 再試験・・・・

 夢のみずうみ村のマイクロバスをさらに活用したくて、高齢者ドライバー研修を受けた私が、な、なんと! 中型免許、8トン限定解除で中型車に乗れる講習を受け、今日、台風が来る中、見極め(検定試験)を受けました。それまでに、既に11回、講習を受けています(5回規定の研修です)。  試験は、滑り出しからうまくいって、いよいよ最後の課題「切り返し」に入りました。駐車スペースにバックでいれ、反対のコースに一旦出て、再度バックで駐車場に入るという課題です。私はこれを得意にしていました。駐車場にバックで入れっました。そして一旦出ました。うまくいきました。いよいよ再度、切り返しのバックで、駐車場に入れるのです。雨が強く、再度ミラーに雨滴がついてよく、運転席右後ろ側のポールがよく見えません。駐車場にはバックで車庫に見立てたポールより50㎝前にぴたり駐車する課題です。得意だったのです。バック開始。「わー!ミラーがよく見えない!」 ウインドーを下ろして、外のミラーを手で拭く。さらに、内部ガラスも拭く。雨が入り込むので窓を閉める。その作業をブレーキ踏んだまま。20秒もかからない作業。しかし晴天なら、全く不要の作業なのです。緊張はありませんでしたが、バック再開。50㎝手前までぴたりに止められた、と確信! やったあ、これで全て終わる! あとは、前進。「右側に出ましょう」と試験官。右手にハンドル切って、この駐車スペース出れば終了だあ! すごいぞ70歳!・・・・  そこに、おとしあな。全く、かすかな、しかし、大きな、落とし穴。 「あっ! 脱輪したよ」・・・・・・    試験官の一声。 思わずブレーキ。右後輪が、見事、黄色い枠の線(そこを踏んではいけないと、うるさく、講習で指導されているデッドライン)に、かかっていた右後輪。 雨粒が打つ。前進脱力。 意味不明の虚脱感。 ポカーン・・・・!!!!・・・・  そのまま、駐車場まで進む指示。無論、しっかり移動できたけれど、あそこで本来は即刻中止。  後、わずか、本当に、ラスト手前。「そこまでは、うまくいっていたのにね」と、慰め?の試験官の言葉。そうおっしゃるなら、台風の非常事態下で受験しているハンディーを考慮してOKにしてくれませんか、と言いたくなるのを抑える。  自動車学校の教官から 応接室で、1人説明を受けながら感じたのです。 犯罪者が刑事に尋問されているような 悲壮感、罪悪感です。(テレビ番組の見すぎでしょうかねえ?)  思いなおすまでに、少々時間を要しました。私は、今後、夢のみずうみ村で利用者さんを乗っけて あちこち、お連れしようというために ここで試練を受けるのだ。雨が降ろうが風が吹こうが、安全に操作できなければダメなんだ! 甘えるな藤原!! ・・・・・・・風雨激し!!     追加講習をさらに1回、そして2回目の試験。仕事の予定がぎっしり詰まっているところを、ご迷惑承知で関係者に変更をお願いし、再試験が可能になりました。 頑張ります!  自動車学校の帰り道、ショックで、昼からの仕事にスーッと入っていけそうにありません。しかし、仕事は待ったなし。こんな時は、いつも聴くのです。カーステレオで、杉本真人「あなたの背中に」。 一人、慰めました。大丈夫です。

カテゴリー: その他 |